産後 肌 カサカサ

産後の睡眠不足からくる肌荒れ原因と対策

よく眠ることが美肌に大切というのは、
多くの人に知られています。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

出産後のママは十分な睡眠時間をなかなか確保できません。

 

 

 

 

 

赤ちゃんが泣いてグズリ出して、あやしている内に朝になった。

 

 

 

 

 

そんな生活を繰り返すうちに、お肌が乾燥したりブツブツが出来たりします。

 

 

 

 

 

睡眠不足は美肌の大敵です

 

 

 

 

 

 

 

お肌にとって睡眠が大切であるのは、“肌は寝ている間に再生する”からです。

 

 

 

 

 

お肌は、表皮の奥の基底層というところで、

 

 

 

 

 

ターンオーバーの始まりとなる細胞分裂が起こり、

 

 

 

 

 

生まれ変わります。

 

 

 

 

 

この細胞分裂は主に睡眠中に行われます。

 

 

 

 

 

人が起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中します。

 

 

 

 

 

そのため、お肌には栄養が行き渡りません。

 

 

 

 

 

ところが、睡眠中は身体の各所に血液が流れ始めます。

 

 

 

 

 

お肌にも栄養が行き渡り、細胞分裂の体制がバッチリ整うのです。

 

 

 

 

 

睡眠不足だとお肌がくすんだり、

 

 

 

 

 

肌荒れしやすくなったりするのは、

 

 

 

 

 

このお肌の再生が充分に行われていないからです。

 

 

 

 

 

充分に睡眠時間が取れないときは、

 

 

 

 

 

お肌のゴールデンタイムを意識することがおすすめです。

 

 

 

 

 

夜10時から深夜2時は、お肌のゴールデンタイムです。

 

 

 

 

 

この間に熟睡していることが理想的と言われています。

 

 

 

 

 

この4時間の間になるべく睡眠を取るようにするだけでも、お肌は変わります。

 

 

 

 

 

そして、
睡眠不足によるお肌への影響を最小限にするために、

 

 

 

スキンケア時にはしっかり保湿を行いましょう。

 

 

 

 

 

化粧水をお肌にたっぷり塗布して、水分を補ってください。

 

 

 

 

 

こうすることで、お肌のバリア機能をサポート出来ます。

 

 

 

 

 

産後は、どうしても美肌に最適な生活を送ることが出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした工夫をすることで、

 

 

 

 

 

お肌への負担を軽くしてあげることが出来ます。

 

 

 

 

 

出産後は、賢くスキンケアしていきましょう。