産後 肌 カサカサ

産後の育児ストレスで肌荒れがひどい。対策をするには?

10か月もの妊婦生活を経て、待ちに待った赤ちゃんと出会う。

 

 

 

 

 

自分と愛する夫の分身が生まれることは、

 

 

 

喜びと共に神秘的な感動をもたらします。

 

 

 

 

 

ところが、子育てが始まると何だかイライラする。

 

 

 

 

 

雑誌や本でしっかり予習したはずなのに、思ったとおりにいかない。

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんが泣き止まない。

 

 

 

 

 

 

 

夜眠れない日が続く。

 

 

 

身体も心も調子が悪い。

 

 

 

 

 

気が付けば、お肌もボロボロに。

 

 

 

 

 

このように、ストレスだらけの育児生活に陥ってしまうママは少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

子育て中は、気が付けばストレスが溜まってしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスは美肌の大敵です。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスはニキビを出来やすくしたり、お肌の老化を促進したりします。

 

 

 

 

 

また、
ストレスはビタミンBやビタミンCを余計に消費します。

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンBもビタミンCも美肌作りに欠かせない栄養素です。

 

 

 

 

 

これらのビタミンが不足すると、お肌が荒れやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

お肌が荒れると、そのストレスでさらにビタミンBやビタミンCが破壊されます。

 

 

 

 

 

こうして、お肌がどんどん荒れてしまいます。

 

 

 

 

 

ストレスとは、

 

 

 

 

 

“いやなこと“と思いがちですが、必ずしもそうではありません。

 

 

 

 

 

 

 

“気持ちが高まること”の全てがストレスと言えます。

 

 

 

 

 

たとえば、
結婚は嬉しいことですが、“気持ちが高まった”ことで、身体はストレスを感じています。

 

 

 

 

 

同じことが育児に関しても言えます。

 

 

 

 

 

たとえ、待望の赤ちゃんとの楽しい生活でも、

 

 

 

 

 

“気持ちが高まる“ことが多ければ、身体にストレスがどんどん溜まってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスを解消するには、

 

 

 

“ゆったりとした気持ちになる”ことをすることです。

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチや散歩で軽く身体を動かすことがオススメです。

 

 

 

 

 

リラックスできる香りのアロマを使っても良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

何より、イライラする自分を責めないことがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

『ストレスは頑張っている証拠』くらいに考えて、自分を褒めてあげましょう。

 

 

 

 

 

そして、ストレスによる肌荒れ対策には、ビタミン類の摂取と保湿を心がけてください。

 

 

 

 

 

ストレスで敏感になったお肌には、

 

 

 

 

 

しっかり水分を届けてあげる保湿が大切です。

 

 

 

 

 

鏡の中の自分のお肌が輝いていたら、気持ちも明るくなります。

 

 

 

 

 

良い子育てをするためにも、たまには自分のお肌を癒す時間を取りましょう