産後 肌 カサカサ

妊娠中から産後の肌質はどう変化するの?

妊娠してから出産までの間、
女性の身体は目まぐるしく変化していきます。

 

 

体調の変化と共に、お肌の状態もどんどん変わっていきます。

 

 

「妊娠してから、今までと同じ化粧品ではお肌の乾燥がケアしきれなくなった。」
「出産してから、お顔のトーンが暗くなった気がする。」と、

 

 

お肌に新たな悩みを抱えるママも多いのではないでしょうか。

 

 

このように妊娠中や産後に肌質が変わってしまうのはなぜでしょうか。

 

 

肌質の変化には体内の女性ホルモンが大きく影響しています。

 

 

 

妊娠中は2つの女性ホルモンが増加していきます。

 

 

エストロゲンとプロゲステロンです。

 

 

エストロゲンは卵巣から分泌され、

 

肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、

 

肌の水分を保持する作用があります。

 

 

 

また、色素沈着をおこしやすくもします。

 

 

妊娠中にお顔のシミが目立つようになるのはエストロゲンが原因です。 

 

 

 

一方、プロゲステロンは皮脂分泌を増やし、
ニキビを出来やすくさせると言われています。

 

生理前にイライラしたり、むくみのもとになったりするのも、このホルモンです。

 

 

プロゲステロンは、妊娠中の肌荒れを引き起こします。

 

 

これら2種類の女性ホルモンは妊娠後にどんどん増加していきます。

 

 

そして、出産と同時に急激に減少します。

 

 

ホルモン量の急激な変化は、女性の身体と心のバランスを崩してしまいます。

 

 

 

産後は、エストロゲンが一気に減ってしまうことで

 

 

お肌が乾燥したりくすみやすくなったりします。

 

 

 

また気持ちが落ち込みやすくもなります。

 

 

 

女性ホルモン量の変動は、赤ちゃんを育てて出産するために必要なものです。

 

なので、ホルモンの量は私たちの意思で増やしたり減らしたりすることは出来ません。

 

では、私たちが妊娠中や産後に美肌を保つためには、

 

 

どうしたら良いのでしょうか。

 

 

それは、ずばり保湿です。

 

 

産後のお肌はバリア機能が低下しやすい状態です。

 

 

バリア機能が低下したお肌は容易に肌荒れを引き起こします。

 

 

 

しっかりとお肌に水分を与えることで、

 

 

不安定なお肌へのダメージを緩和することが出来ます。

 

 

妊娠中も産後も、保湿を忘れずに美肌のママになりましょう。