産後 肌 カサカサ

いつまでつづく産後のカサカサ肌!改善するには?

出産は女性にとって大いなる感動をもたらすものです。

 

しかし、

 

それは身体に大きな負荷もかけています。

 

体内の栄養素の大部分をお腹の中の赤ちゃんに与え続け、

 

長時間の出産を経たママの身体は疲労困憊の状態です。

 

身体の状態は、お肌のコンディションに直結します。

 

 

身体への負荷が大きいと、自然にお肌も荒れやすくなってしまいます。

 

 

産後の子育てに追われると、

 

 

ある日突然、

 

「いつの間にか肌がカサカサしている。」

 

「久しぶりにお化粧したら、化粧ノリが悪い。」

 

 

と思われる人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

そして、
産後のママのお肌は女性ホルモンの影響でも荒れやすくなっています。

 

 

出産後は、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが急激に減少します。

 

エストロゲンには、お肌の弾力を保つコラーゲンを増やし、水分を保持する作用があります。

 

 

また、抗酸化作用もあると言われています。

 

 

そして、

 

“美肌ホルモン”と呼ばれるほど、美肌に大きく影響しているホルモンなのです。

 

 

出産後のお肌の乾燥は、
このエストロゲンの量が減ってしまうことで、
お肌の水分が維持できなくなってしまうことが原因です。

 

 

 

出産後のエストロゲンの減少は自然の現象です。

 

 

避けることは出来ません。

 

 

ただ、

 

「産後はお肌が乾燥するものだから。」と、

 

乾燥したお肌をそのままにしておくのは危険です。

 

 

 

乾燥したお肌は、
バリア機能が低下して、
外部からの刺激に反応しやすい状態になっています。

 

 

 

乾燥肌をそのまま放置しておくと、敏感肌になってしまう可能性があります。

 

 

出産後のお肌は、エストロゲンの現象でお肌の水分を保持しにくくなっています。

 

 

その分、いつも以上にたっぷりと化粧水を与えて保湿してあげましょう。

 

 

丁寧な保湿を続けていれば、出産後のお肌が徐々に輝き出すはずです。